筋トレは長く続けてなんぼの地味な動きの繰り返しだ。

ある程度精通している人は、自分でスケジュールを組んで種類や負荷に応じた回数を決めることができる。

しかし、私をはじめとしたルーキーはそうはいかない。

出来るだけ効率よく筋肉をつけるためにも、無駄のないトレーニングをしていかなければいけない。

そこで有効となるのがアプリだ。

今回は私も使っているアプリを含めて、おすすめを3つ紹介したい。

Runtastic(ランタスティック)シリーズ

Runtastic Six Pack 腹筋を割る筋トレアプリ
ヘルスケア/フィットネス, スポーツ無料iOSユニバーサル
Runtastic 腕立て伏せ回数カウントPRO
ヘルスケア/フィットネス¥250iOSユニバーサル

まず最初に紹介するのはRuntasticシリーズ。

今やあらゆるフィットネスとヘルスケアアプリを提供し、それに連動するハードウェアも販売している、世界的にユーザーの多いのが特長。

私も現在筋トレとランニングのアプリを利用しているが、トレーニングプランが非常に秀逸でビギナーには最適。

約1ヶ月半の決められたトレーニングプランが用意されており、段階ごとに最適な筋トレが行えるようになっている。

全エクササイズもビデオになっているので、筋トレの形を確かめながらできるのもGOOD。

個人的にはトレーナーが回数を数えてくれる音声入りという点が、孤独な自宅トレのモチベーションにつながっている。

唯一の欠点は、トレーニングごとにアプリが分かれているため、一括管理が出来ない所。

それを除けば、まず利用して間違えのないと言えるおすすめアプリだ。

Nike Training Club(ナイキトレーニングクラブ)

Nike Training Club
ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル無料
Screenshots

ご存知、全世界的有名なスポーツメーカーであるナイキが提供するフィットネスアプリ。

150種類のワークアウトが用意されていて、その全てが本物の人間によるガイドのため、正しい筋トレのやり方が視覚的にわかりやすいのが魅力だ。

また、自分の進捗に合わせてプランが調整されていく学習機能も素晴らしい。

逆に言ってしまうと、サボりグセの多い人にはそれなりのプランが組まれてしまうため、効果が中々出ないという状況にもなりかねないデメリットもあるので注意したい。

Fitness & Bodybuilding(フィットネス&ボディビルディング)

Fitness & Bodybuilding
ヘルスケア/フィットネス, スポーツ無料iOSユニバーサル
Screenshots

最後は、ビギナー向けではないが本気で筋肉をつけるという点でおすすめのアプリも紹介しておこう。

週に2日~4日のワークアウトプランが用意されており、1回の負荷を出来るだけかけて効果を最大限に高める事を追求したアプリだ。

ダンベルを使用したエクササイズなど、筋トレのグッズも必要となるため、自重トレをしたい方には向かないアプリだが、動画だけでなく解説も丁寧なので本気度が高い人は是非試して欲しい。


以上、おすすめしたいアプリを3つ紹介したが、いずれもiPhoneとAndroidともに対応しているのでスマホユーザーなら問題ない。

自己管理が徹底できる人以外は、筋トレを行う際には必ずこうしたアプリを利用するようにしよう。