当サイトでは「自宅で行える自重の筋トレ」をメインテーマにしているので、本来であれば器具は不要だ。

しかしながら、筋トレをサポートしてくれるグッズとして実際にあって良かったと思うものはいくつかある。

そこで今回は、最低限これがあると日々のトレーニングがスムーズに行えるというグッズを3つ紹介したいと思う。

トレーニングマット

絶対的にあってしかるべきなのが、このトレーニングマット。ヨガマットやエクササイズマットなど商品によって呼び方は様々。

幅や厚みはそれほど気にしなくてもよいが、仰向けになった時に身体がスッポリ収まるくらいの長さが合ったほうが良い。

また、普段フローリングでトレーニングをする方は滑り止めがついている方が尚いいだろう。

このトレーニングマットの効用は、床の保護や防音対策といった所もあるが本当のメリットは別にある。

筋トレで最も大事なのは正しい姿勢で行うことだが、自宅で一人でやる自重トレはどうしても姿勢のキープが難しい。

しかし、トレーニングマット上の限られたスペースで行うことで不思議と姿勢への意識が生まれるのだ。

言葉では実感が湧かないと思ったあなたは、安価なマットでも良いので、ぜひ一度試して見て欲しい。

腕筋・胸筋用サポートグッズ

次は、主に腕や胸のトレーニングをサポートしてくれるグッズだ。

なくても良いが、合ったほうがより効率的に腕立てが出来ると思ってくれればいい。

私の場合、腕立て目的より「固定」という意味のサポートグッズとして使用している。

自重トレだと回数をこなしていく内にどうしても力が入らなくなっていく。

そのため、徐々に手の位置がずれて本来力を入れたい場所に負荷がかからなかったり、汗で滑ることもあり手首を痛めかけたこともあった。

しかしこの器具を使用してからしっかりグリップを握れるので、鍛えたい部分に均一に力を入れることができるのでおすすめだ。

腹筋・背筋用サポートグッズ

最後は腹筋と背筋を補助してくれる器具。

個人的にはこれは自重トレにはかなり役立つグッズなので購入して損はないと思っている。

自宅内で足を固定する場所は思っているほど少ないため、特に背筋の自重トレは非常にパターンが限られてしまう。

しかし、こうした足をしっかり固定してくれる器具を使えばクリアになるし、ケガを防止する事にもつながる。

種類は色々あるが、自宅内の限られたスペースで邪魔にならないよう、出来るだけシンプルなものでトレーニングマット内に収まるものを推奨する。


以上が自宅で行う際に揃えておくと便利なサポート器具だ。

もちろん、最初から全てを揃える必要はないが、最低限トレーニングマットは合った方がよい事は100%間違いない。

繰り返しになるが、筋トレは回数をこなすこと以上に正しい姿勢で行う事が大事だ。

この目的であなたにとって必要なものを揃えられる範囲で準備していくようにしよう。