筋トレの効果を高める物と考えた時に、おそらく真っ先に思いつくのがプロテインじゃないだろうか。

かくいう私も適宜プロテインを導入しながら日々のトレーニングに励んでいる

しかし、プロテインの種類によって筋肉に作用する役割が異なるのはしっかり理解しておかなければならない。

プロテインとは?

プロテインとは、タンパク質の事を指すと考える人も多いが、厳密にはタンパク質と必須アミノ酸をバランスよく配合したサプリメント製品の事をいう。

一般的にプロテインは筋肉量アップのイメージが強いが、実際はトレーニングで傷ついた筋肉の修復するために必要なタンパク質を補う事が主たる目的である事を覚えておきたい。

プロテインの種類

このように高タンパク質食品であるプロテインだが、原料・成分によって3つに分類される。

ソイプロテイン

英語で大豆の事をsoyと呼ぶことからソイプロテインと言われる植物性タンパク質の大豆プロテイン。

プロテインの中では筋肉アップとしては最も効果が弱いと言える種類だが代謝をスムーズにする働きがある事からダイエットに最適とも言われる。

しかし、ダイエット目的ではなくとも、加齢によって代謝が落ちている年代の場合には、このソイプロテインは代謝アップの鍵を握る食品と言ってもよいだろう。

また、私もカロリーコントロールの一環として朝食時にソイプロテインを飲んでいるが、腹持ちがいい良いのも特長として感じられる。

ホエイプロテイン

ホエイ(whey)=乳清、乳漿と言われヨーグルトの上澄みの液が正にその成分であり、高タンパク・低脂肪な成分として知られている。

筋肉量アップのプロテインと言えば、このホエイと言われる事の多い種類だ。

その理由の1つとして、非常に吸収力が早いため、運動直後の最も筋肉量アップに大切な時間に体内に摂り入れる事が出来ることがある。

ガゼインプロテイン

ホエイプロテイン同様に乳製品に含まれるタンパク質だが、ホエイに比べて栄養価の高いタンパク質と言われているのが、ガゼインプロテインだ。

特にカルシウムとも結びつきやすいため筋肉アップよりも強い骨の形成に有効な働きかけをするプロテインでもある。

また、ホエイプロテインに比べると水に溶けにくくドロっとした感じでやや飲みにくいが、ソイプロテインと同様に吸収力が遅いため、筋肉が回復する就寝前に飲むと効果的と言われている。


このようにプロテインの種類は3つに分けられるが、全てが直接効果をもたらすものではないことはお分かり頂けただろう。

プロテインを飲めば筋肉がつくという安易な発想を持つルーキーは多いが、目的に合わせて飲む種類や時間(タイミング)をしっかりと考えなければいけない事を覚えておこう。